視力が落ちることで日常生活に支障をきたす事を回避するには?

視力が落ちることで日常生活に支障をきたす事を回避する方法

視力が落ちることで日常生活に大きな支障を
きたすということはありませんか?

 

あれほどまで視力が良かったのに、今となって
はなぜ、視界がぼやけるのかと思うと本当に
悲しくなります。

 

私ももともと視力は良いほうだったので、黒板
の字はくっきり見えましたし、新聞の文字も
パソコンの文字も無い不自由なく見ることでき
ました。

 

しかし私は暗い部屋でマンガを長時間読むという
悪い癖があり、これが原因で視力が落ちるという
症状で苦しみはじめました。

 

マンガの悪いところは、一度読むと、次の巻まで
詠みたくなるという点です。特にシリーズ物だと
全巻詠むまで止まらないという事態に陥ります。

 

その間、きちんと運動したり、目の疲れをいやす
トレーニングをしたりすればここまで視力が落ちる
という事態には陥らなかったのかもしれません。

 

しかし実際には、部屋に閉じこもってぶっ通しで
マンガを読むという生活を送っていました。

 

こんな生活も長く続いたわけですが、とうとう視力
が落ちるという症状で悩み、新聞の字も見えない、
黒板も見えない、場合によっては知人や友人と
出会っても相手の顔が識別できないという事態に
陥ってしまいました。

 

なんといっても致命的だったのは、仕事での現場
でした。

 

取引先との重要な商談があったのですが、私は
その商談先の待ち合わせ場所に出向いたことが
ありました。

 

既に待ち合わせ場所に人がいたことには気付いて
いたのですが、目が悪いため、誰であるかまで
判別できない状況でした。

 

私の視力は0.1ですので、半径5メートル以内に
入らない限り相手の顔を識別できないという状態
でした。

 

何となく私に声をかけている人がいるということ
程度は判別できたのですが、私は気にせずにいまし
た。

 

相手が私のところに接近してきて、ようやく
取引先の部長であることに気づきました。

 

そして「あなたは挨拶もできないのですか?
社会人として失格ですね。いままでどのような
教育を受けてきたのですか?」と激怒されて
しまいました。

 

そしてその重要な商談は丸つぶれでした。

 

目が見えないという理由だけで仕事で大きな
失敗を招いてしまいました。

 

私は深く反省し、何とかして視力を回復させる
ためにさまざまな努力をするようになりました。

 

まずは生活環境を改善することからスタートさせ
視力を回復するための手段について知識を習得
するように努めています。


ホーム RSS購読